無料ホームページ ブログ(blog)
なぐりがきちょう イメージ画像。

なぐりがきちょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ画像。




鉄川

最近、ひそかにボードゲームを製作しようと考えたりする動きがございます。
先日も、TK氏,KN氏との食事の際、どーすればゲームが形になるのかを
色々と議論していました。

そんな中、TK氏の提案で、伝記を書かれるような偉人・賢人をモチーフに
テーマを考えてはどうだろうか? という話の流れになりました。
そこで出たのが下のようなアイデアです。

○桜の木を切断してしまったワシントンが、父の一番機嫌のいいタイミングを
 うかがって謝り、ちゃっかり誉めてもらうゲーム
 (親父の機嫌が悪いと当然体罰)

○プレイヤーがパトロンとなり、金遣いが異常に荒い野口英世を、
 無駄遣いさせずにちゃんと米国に旅立たせるゲーム

○一遍上人のダンシングダイス

○プレイヤーが太宰治の恋人になり、一緒に荒川上水に入水する
 心中ゲーム

○空を飛ぶ平将門の生首のレースゲーム(当然落下地点は首塚)

○読書中なので、まっすぐにしか進めない二宮金次郎を
 上手く誘導して帰宅させる「ハイパーNINOMIYA」

○空海から連想した、「トランスお遍路」

○さらに「八十日間四国一周」 (中にはヘリコプターで巡礼するお遍路さんも)

などなど…。
完成するかどうかは知りませんが、色々企むのは楽しげです。

(ハイパーNINOMIYAは、特にお気に入り)
スポンサーサイト

コメント

オリジナルじゃないゲームを創る意味があるのかと小一時間。

  • 2005/07/21(木) 12:51:24 |
  • URL |
  • 業界の果て #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

いやまあ、

つくる云々よりも、ネタとして楽しんでいる部分も大きいですからね(笑)
なんというか、オリジナルなものをつくる為に、
オリジナルであるかそうでないかの境界線をハッキリさせるという意味においては、
模倣から入るのも、まあアリかもよ? なんて言い訳しながら…。

無表情の二宮金次郎のコマが、盤上を一直線にスィ~っと
疾走するゲームをイメージすると、笑えるなぁ、てなぐらいの温度なんで。

  • 2005/07/21(木) 23:44:24 |
  • URL |
  • 鉄川 #-
  • [ 編集 ]

そうそう、

丸パクリだから面白いんよ。
二宮だよ。前見てないんだよ。しかもすっげー速いんだ(笑)

どこかにあるオリジナルを知らないでゲームを作るよりは、
模倣+が丁度いいのよーん。

  • 2005/07/23(土) 23:35:07 |
  • URL |
  • Pod #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://whyoh.blog7.fc2.com/tb.php/46-0b5e7ceb
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。