無料ホームページ ブログ(blog)
なぐりがきちょう 1327年ころのInquisitor。
FC2ブログ

なぐりがきちょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1327年ころのInquisitor。

by:鉄川

「薔薇の名前(The Name of the Rose)」という映画を見ました。

ショーン・コネリー主演で、中世イタリアの修道院で起こる
連続殺人事件のお話なんですが、その終盤で
頭頂部をつるりとさせた異端者審問官(Inquisitor)が登場します。

このInquisitorのおっさんが、見事にてきぱきと
痛快な(超無理矢理な)裁きを致してくれるお陰で、
ショーン・コネリー大弱り。

Let's冤罪、やはり異端者審問官はこうでなくては。

「はい、異端!」
「はい、貴様異端!」
「はい、それ異端!」



いや…映画自体は中世な感じも出ていて
素晴らしかったんですけども。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://whyoh.blog7.fc2.com/tb.php/20-71f25c28

薔薇の名前(映画)

いやあ~ほんとずいぶんと前に見た覚えがあり、その時も傑作だと思いましたが、改めて今見ると素晴らしい出来だなあ~と感動します。(DVDはおまけの解説が秀逸!エーコ本人のインタビューも良かったが、製作の苦労話にも驚いた。) まあ、なんと言っても原作が当時世界で大

  • 2005/05/11(水) 14:11:41 |
  • 叡智の禁書図書館
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。